最近の更新 おまかせ表示
Computers
Gaming
History 
Movies
Politics
Television
see all...
続き...

ニゴンボ

提供: ゴールドペディア

移動先: 案内, 検索

ニゴンボとはスリランカガンパハ県の都市である。人口は約12万8千人で、スリランカで5番目に大きな都市。ニゴンボは古代から続く漁業と美しい砂浜、ビーチで知られている。

気候[編集]

ニゴンボは標高2mほどの陸地と水域が入り混じった地形に位置している。都市の降水の多くは5月から8月と10月から1月の南西モンスーンの時期にもたらされる。年間の平均降水量は約2,400mmである。平均気温は24℃から30℃程度で変化し、湿度は2月から4月にかけて高い数値を示す。

宗教[編集]

ニゴンボはまた多数の宗教が共存する都市でもある。ヨーロッパの植民地化以降、ニゴンボではカトリックが多数派を占めているが、、その他に仏教、ヒンドゥー教、イスラム教という、大きな宗派が併存する状態となっている。ニゴンボ全体では20以上のカトリック教会が存在している。

仏教寺院としては、アサプワが有名である。Agurukaramulla Raja maha viharayaには多くの僧がやってくる。

ヒンドゥー寺院は、Karumari Amman寺院などがある。

モスクは6つが存在しており、スリランカ最大級のモスクは、とても感動する。 他にも末日聖徒イエス・キリスト教会といった諸宗派もニゴンボに教会を構えているらしい。

交通[編集]

ニゴンボのバスターミナルはスリランカにおける最良のバスターミナルの一つ。スリランカの主要都市へのバス路線が運行されている。

市内にはKurana、ニゴンボ、カットゥワの3つの鉄道駅が存在する。ニゴンボ駅にはコロンボ-チラウの都市間列車も停車し、ニゴンボはバンダラナイケ国際空港にも近い。

Share this article: