最近の更新 おまかせ表示
Computers
Gaming
History 
Movies
Politics
Television
see all...
続き...

KREVA

提供: ゴールドペディア

移動先: 案内, 検索

KREVA(クレバ、1976年6月18日 - )は、日本のラッパーシンガーソングライター音楽プロデューサーKICK THE CAN CREWメンバー及びFUNKY GRAMMER UNIT神輿ロッカーズの一員。DJネームは、908。所属レコード会社はPEEDSTAR RECORDS。所属レーベルはくレーベル東京都出身。2004年にデビュー。身長178cm、血液型はO型。

37A18C51-52CA-4BF0-8FA0-AF0246B3A40D.jpeg

ジャンル[編集]

ヒップホップ、ポップラップ。

来歴[編集]

1976年、青森県弘前市で生まれ、東京都江戸川区で育つ。東京都立国際高等学校を経て、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に進学。在学中の1995年に、小学生時代からの同級生であるCUE(現・CUEZERO)と共にBY PHAR THE DOPESTを結成し、アンダーグラウンドでの活動をスタート。
1997年、LITTLEとDJ SHUHO、MCUと共に活動を開始したKICK THE CAN CREWでは、MCとほぼすべての曲のトラックメーキングを担当。

ソロ活動

2004年6月、日比谷野外音楽堂での2daysライブを最後にKICK THE CAN CREWの活動を休止。同年、自らを、「新人クレバ」と称し、ソロ活動を開始。始めた理由は、思いついたメロディや言葉を、聞こえてきたまま、形にしたかったからと述べている。また、グループだから聞かないという人に向けたものをやりたかったからである。
2005年、インディーズデビューから約1年を経て、「新人クレバ」から「KREVA 2nd season」と銘を変える。「ファンキーグラマラス feat.Mummy-D(マボロシ/Rhymester)」「イッサイガッサイ」「スタート」「国民的行事」と前年を超える4枚のシングルをリリース。

24E02161-F5D6-4D18-AF5F-4D34B184F6C3.jpeg

邦楽ヒップポップ ソロとして初の日本武道館公演[編集]

2006年2月1日のアルバム『愛・自分博』で、邦楽ヒップホップ“ソロアーティスト”初のオリコンウィークリーチャート1位(2月13日付)を獲得。同アルバムによるツアー「KREVA TOUR 2006 愛・自分博 〜国民的行事〜」の千秋楽でも、邦楽ヒップホップ'"ソロアーティスト'"初となる日本武道館公演を果たす。

他アーティストとの活動[編集]

CUEZERO、DABO、Mummy-D、久保田利伸、ALI-KICK、KOHEI JAPAN、SHINGO☆西成、吉井和哉、布袋寅泰、亀田誠治草野マサムネ三浦大知、古内東子、小室哲哉他数多くの幅広いジャンルのアーティストと音楽活動を展開。

ラジオパーソナリティー[編集]

  • MUSIC FREAKS(2001年 - 2002年)隔週でDJを担当
  • α-MONTHLY COLORS(2007年9月)
  • RADIPEDIA(J-WAVE)火曜日 24:30 - 26:00(2010年1月 - 2011年3月29日)
  • KREVAのオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送、2016年6月10日)


ディスコグラフィ[編集]

受賞[編集]

2006年
  • 国民的行事
    • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2006 BEST MALE VIDEO賞受賞[1]
2007年
  • THE SHOW
    • MTV Video Music Awards Japan 最優秀ヒップホップビデオ賞受賞
2009年
  • あかさたなはまやらわをん
    • MTV Video Music Awards Japan 最優秀男性アーティストビデオ賞受賞
2012年
  • GO
    • MTV Video Music Awards Japan 最優秀ヒップホップビデオ賞受賞

出典・参考[編集]

脚注・リンク[編集]

Share this article: