最近の更新 おまかせ表示
Computers
Gaming
History 
Movies
Politics
Television
see all...
続き...

免疫グロブリンE

提供: ゴールドペディア

移動先: 案内, 検索

免疫グロブリンE(めんえきぐろぶりんいー、英名 ImmunoglobilinE,IgE)とは、哺乳類の体内に存在する糞免疫である。他の免疫抗体とは異なり、その存在意義は一切無く、単にアレルギーの原因にしかならない完全に不要な糞免疫細胞である。当然ながら、本来ならこの世から抹殺されるべく存在である為、実は蛆虫以下なのではないかという説があるほどの底辺蛆虫である。

概要[編集]

哺乳類のみに存在する抗体らしいが、現時点ではその存在意義と言ったものは発見されていない。寧ろ現在の研究では人間をアレルギーで苦しめる原因となる抗体と見られており、一切不要となった物であると見られている。 他の免疫抗体とは異なり、攻撃しか出来ない無能であるある為、必要性は皆無となっている。

Share this article: